コンテンツへスキップ

外国語の翻訳文の方が頭脳を駆使する

時々、翻訳会社から英語文章の翻訳の依頼があるので、アルバイト的に外国語の翻訳をしていますけれど、通訳とは違って外国語の翻訳となりますと、神経を使いますね。私は英語の翻訳文を時々書いているのですけれど、頭脳を駆使するのは圧倒的に文の翻訳の方だと感じています。

英会話にしましても、瞬発力がいりますし常に脳みそフル回転ぐらいに働かせていますよ。だって、今聞いている英語をすぐに日本語に直して伝えなくてはなりませんからね。ですから脳みそは疲れてしまうというものです。

けれども、私の場合は英語での会話よりも英語の翻訳の方が神経頭脳ともに使うという感じですね。「あれ?この言葉でしっくりくるかな?」と、日本語についてもかなり考えることが必要ですから。ですからこそ、外国語の翻訳の方が頭脳を駆使すると感じるのです。

まあ人それぞれなのかも知れませんけれどね。そしてまた、私の英語の通訳がわりといい加減であり、しかし文の翻訳の方は、瞬時に訳していくわけではなく、ある程度時間があるのできっちりやっているということも、「外国語の翻訳文の方が頭脳を駆使する」と感じる理由なのかも知れませんけれど。